マリアナス

本当に必要な「新商品情報」をお届け!

京都「パティスリー洛甘舎」から「桜」のお菓子が新発売!

「和魂洋才」、洋のお菓子を「和」の素材で昇華させました。新発売「洛甘バターサンド 桜」は、香り高い山桜のノンアルコールリキュールを合わせた桜色のバタークリームを、サクラ餡を練り込んだ生地でサンドしました。
「和」を自在に使いこなし、「洋」の技巧を凝らして昇華させた、新しくて美味しい唯一無二のケーキを提案しています。
2018年3月13日》
《パティスリー洛甘舎》

「洛甘バターサンド 桜」で京都の春を!
〜人気の「洛甘バターサンド」から京都の春のご提案〜
パティスリー洛甘舎 〒604-8135 京都市中京区三文字町227-1藤六ビル1F(東洞院六角西北角)
TEL 075-708-2313
【URL】http://rakkansha.jp

「洛甘バターサンド 桜」は、香り高い山桜のノンアルコールリキュールを合わせた桜色のバタークリームを、サクラ餡を練り込んだ生地でサンドしました。口溶けに春の香りをお届けします!

パティスリー洛甘舎の特徴
「和魂洋才」、「洋」のお菓子を「和の素材」で、新しく、さらに美味しくがコンセプトです。抹茶はもちろん、餡、求肥、醤油ガナッシュ、日本酒でアクセントを付けたりと、「和」を自在に使いこなし、「洋」の技巧を凝らして昇華させた新しく美味しい唯一無二のお菓子が特徴です。

「和魂洋才」の背景
和菓子と比較し、洋ケーキには今風の見栄え、華やかさがあり若者には人気があります。素材も、和より多く、フルーツ、チーズ、クリーム、ムース、洋酒を自在にアレンジして、風味のあるスイーツが星の数ほど作られています。が、美味しさという点では極まってしまっています。
洛甘舎は洋菓子に「和」のエッセンスを融合させ、さらにその上の新しさ、さらなる美味しさ、風味、華やかさを高めてまいります。

 

商品の素材
「洋」に加える「和」の素材は、抹茶(すでにむ出尽くし感があります゛)、ほうじ茶はもちろん、和三盆、黒糖、餡、白餡、求肥、醤油、白味噌、日本酒、大納言小豆、黒胡麻、きなこ、塩エンドウ、松の実、ゆず等に加えて、京都を代表する「丹波栗」、「丹波の黒豆」を、「洋の技巧」で昇華させています。
「和魂洋才」ケーキの商品例
「和心」柚子ムースと伏見のにごり酒でアクセントを付けたガナッシュに小豆を加えたショコラタルトです。「雅」上質な抹茶で仕上げたムースの中に、求肥、こし餡、マスカルポーネを忍ばせています。
「古町」きなこムース、和栗ムースの中に隠し味に醤油ガナッシュを用いています。
「和ティラミス」マスカルポーネにカスタードと黒糖を合わせた絶品クリームチーズが特徴です。
「抹茶テリーヌ」パウンドのしっとり感となめらかな口当たりが独特の口溶けを実現。最高級宇治抹茶の香り高い風味と濃厚な味をお楽しみください。
「洛甘フィナンシェ」薔薇の真中にフランス産ショコラをあしらい、しっとり焼き上げた人気のフィナンシェ。
「ウィスキー&マロン」ニッカ「竹鶴」をふんだんに染み込ませた、大人のためのこだわりパウンドケーキ。

↑ 「抹茶テリーヌ」 

↑ 「ウィスキー&マロン」ニッカ竹鶴使用 

↑ 「洛甘フィナンシェ」「洛甘バターサンド」

↑ 「抹茶ブリュレ」「紫いもタルト」「モンブラン」

洛甘舎について
全く畑違いの「釣糸」製造業から、2015年8月に新事業部として、京都の真ん中にケーキ店
をオープンしました。弊社代表取締役の母方の祖父が、京都で洋菓子の製造と販売店をして
いましたが、後を継ぐ方が無くとっくに廃業していましたが、亡くなった母親の言葉を思い出し、
準備期間1年を経て、「パティスリー洛甘舎」をオープンした次第です。店名は、「洋」、「和」、
「京都」をイメージしていただけるように付けました。

ご注意点

※本サイトの掲載商品は、掲載日時時点での情報になります。現在販売終了や欠品している場合もございます。ご購入前に、お客様ご自身でご確認ください。